誤診に繋げない問診

男性

納得できる検査

ツラい症状は適切な治療で緩和されるので、まずは受診し、診断を受けることがうつ病克服の第一歩で、前向きな姿勢で取り組むには、病気への理解を深めることに尽きます。その人にとって、最適な治療法を見つけるまでには時間を要することもありますし、ツラい抑うつ症状がうつ病によるものなのかどうか悩んでいる方にとって、医師に訴えることは重要です。うつ病はあくまでも病名ですが、医師によっては、状態像を示すうつ状態の診断基準を症候群として捉える考え方も定着しています。こうしたことから、最近では病という言葉を使わない傾向も出ているほどで、国際疾病分類においても、気分障害の項目にうつ病が含まれています。多くの場合、診断基準は患者の訴えを聞くこと、さらに検査においては脳の伝達物質に異常が生じていないのか、脳の活動が低下していないのかの状況を確認します。PETやSPECTなどの検査機器が用いられ、脳内の変化を確認するのも特徴ですが、加えて、紛らわしいその他の病気を特定できる魅力もあります。代表的なのはアルツハイマー病などの脳の病気を鑑別できる点ですが、検査のみならず、患者の訴える声で誤診を防ぐケースも事実上あります。例えば、痴呆の初期症状としてうつ状態が現れ、それが進行して痴呆となるケースも実状としてありますが、逆に、老年期のうつ病の診断もつけられます。一見、痴呆のような知的能力の低下が現れるため、周囲から誤解を招きやすく、病が見過ごされるケースもありますが、患者の訴え一つで早期発見に繋がります。診断では、医師による見分けが重要ですが、訴える患者の声に耳を傾ける姿勢が重要ですし、観察力も大事だと言われています。人間関係や感情が不安定、衝動的に行動するといった紛らわしい特徴の病にも、しばしば抑うつ的になることがあり、その見分けには精神科と心療内科のチーム医療が注目されています。診察する分野が全く異なるものの、心の治療をしても身体が改善しない、また、逆の展開もあり、連携プレーであれば、慎重に進めて、正しい診断を受けることができます。

カウンセリング

元気な自分に戻るために

うつ病などの疑いがある場合、病院へ行くことが大事です。病院選びの際にはインターネットを活用し、病院の特徴などをチェックするようにしましょう。また、診断の結果、うつ病が仕事と関係していると労災扱いになるので、金銭面でメリットがあります。

医者

聞いてスッキリ前向きに

専門医の診察を受けることで病名が分かり、うつ病の治療へ取り組めるため、病院での診断が評価されています。そして、医師の診断があれば市販薬よりも効き目が高い薬を処方してもらえるうえ、健康保険を使って安く買えることも人気の秘訣です。

女性

精神的に病んだら

ストレスが溜まって精神的にきつくなったり、中々疲れが取れなかったりしたら、すぐにうつ病の診断を受けるようにしましょう。自己診断が非常に難しい病気なので、メンタルクリニックなどの専門病院で調べてもらう必要があります。

病院

専門医の診察が大切

うつ病の診断を受ける場合には、家の近くの内科などではなく、精神科の医師のいる病院などで診察を受けることが大切です。専門医でない場合は、薬が適切に処方されない、カウンセリングなどの大切な治療が受けられないことがあります。

女の人

症状を知ることが大切

うつ病の診断は専門科ではないとできません。しかし、心療内科を受診するにしても、まず、うつ病の症状が分かっていないとその患者を連れて行くこともできないことから調べておきましょう。代表的なものはネガティブさが続くことです。