男の人

元気な自分に戻るために

カウンセリング

病院の種類や利点とは

統合失調症やうつ病の疑いがある場合、精神神経科や精神科という名前の診療科へ、できるだけ早めに診断を受けることが重要です。病院を調べる際、Webを通して病院をチェックすることも可能なので、診断を受けたい病院があれば、その病院がどういったところなのか大体わかるでしょう。ですが、精神神経科や精神科が導入されている病院と言っても、クリニックや精神科病院、大学病院など色々あります。その際、何が違うのか理解していない方もたくさんいるはずです。まず、クリニックですが、通いやすいところにあるケースがほとんどで、通院するにも雰囲気が明るく利用しやすいという良い点があります。そして、数々のサービスを取り入れているところもあります。つぎに、精神科病院に関しては、心の病が生じた患者のケアや治療を行う、プロの職員が在籍する施設です。デイケアなどの充実した設備があり、リハビリテーションが行える広めのスペースを設けています。それから、大学病院・総合病院ですが、設備が精神科病院やクリニック以上にきちんとしているケースが大半です。仮に、統合失調症やうつ病以外の体の病が生じた場合、同じ病院で治療を進めることが可能です。また、うつ病になった場合、うつ病診断の結果原因が仕事によるものだとわかれば、それが認められると労災扱いになります。治療費に関してはタダで、休業補償給付という療養のため、仕事に取り組めない方に与えられる給付金は、平均給料の8割受け取れるというメリットがあります。その際、休職制度を設けている会社であれば、傷病手当を受け取りながら、最長でも一年半仕事を休むことが可能です。ただし、仕事を休んでいる期間が一年半をオーバーしてしまうと、傷病手当をもらえなくなりますが、うつ病のケースですと生活保護の申し込みが速やかに行えることがほとんどです。さらに、症状が悪くなれば、仕事を辞める際に半年から一年間、雇用保険金を受け取ることが可能となっています。うつ病とわかる診断書さえあれば、きちんとした理由で自己都合退職となり、すぐさま雇用保険金を受け取れるので覚えておきましょう。