投資マンションをするメリット|必勝法を伝授

保証人がいない場合に

男の人

家賃滞納にも対応

近年増えているのが、賃貸保証会社を利用して契約する賃貸物件です。賃貸保証会社とは、賃貸物件を契約するときに必要な、連帯保証人を代行してくれる会社のことをいいます。連帯保証人を代行することで手数料を得ています。急速に賃貸保証会社が増えている理由は、核家族化が進んだことから、連帯保証人を依頼する人がいないという人が増えているからです。親族に連帯保証人を頼みづらいということだけでなく、一人暮らしの高齢者が増え、連帯保証人を探すことが困難になっている人が増えていることが背景にあります。また、連帯保証人を探しにくい外国人滞在者にもメリットの大きいシステムといえます。賃貸保証会社のサービス内容として、連帯保証人の代行以外に、家賃滞納の立替えというサービスも行っています。これは、貸主や管理会社に対する最大のメリットといえるサービスです。万が一家賃滞納があった場合、賃貸保証会社が代わりに家賃を立替え、支払いの催促や督促を行ってくれます。取り立てが厳しくなる側面があるため、確実に家賃を回収できるという、貸主側のメリットがあります。また、家賃保証会社を利用する場合は、賃貸物件に入居申し込みする際に審査が行われます。会社によって提出書類や審査基準が異なりますが、家賃に見合う収入があるかどうか、所得照明や源泉徴収などを提出する必要があったり、過去に家賃滞納の記録があるかどうかなどが審査されることがあります。