投資マンションをするメリット|必勝法を伝授

サブリースという経営方法

模型とお金

空室の分も保証されます

不動産を賃貸運営するには、いくつかの方法があります。まず、家賃徴収から始めてクレーム処理など、管理業務のすべてを自分で管理する方法ですが、これをすべて一人で行うのは、かなり難しいといえます。そのため、一部を管理会社に依頼したり、あるいは家賃保証システムといって、家賃の滞納があった場合に、その分を保証してくれるシステムなどを採り入れる大家さんが増えています。この家賃保証システムは、それ以外に原状回復の費用、あるいは滞納が続いた場合の法的手続きの費用が含まれることもあります。ただしこの場合は、空室の分までの保証はしてもらえません。空室分までを保証したいのであれば、一括借り上げという形を取ることになります。この一括借り上げというのは、不動産会社や管理会社が、その物件をすべて借り上げるもので、サブリースと呼ばれることもあります。この方法だと、滞納分だけでなく、空室の分もすべて家賃を払ってもらえますので、大家さんにしてみれば、業務負担が軽くなるという長所があります。しかし、把握しておきたい事項があります。それは、あまり空室が多いと、家賃の引き下げを持ち出されることがあるということです。特に空室が出にくい物件の場合は、一括借り上げでなく、普通の管理システムまたは家賃保証だけでもいいでしょう。様々な業者があるので比較をしながら検討しましょう。ネット上には、一括借り上げサポート会社をはじめとして、様々な不動産サポート会社の一覧などがあるのでチェックしておくと良いです。