男の人

専門医の診察が大切

病院

信頼できる病院での診察

うつ病の症状などを本で読んだり、インターネットで調べていると、自分に当てはまる症状が見つかり、不安になる人も少なくありません。健康な時は病院探しなどしないため、いざ病院で診察を受けようと思った時に、どの診療科を受診したらよいのかわからないですよね。そもそもうつ病をきちんと診断してもらえる医師がわからないなどさらに不安が大きくなることが予想されます。総合病院では専門科が分かれていて、精神科や心療内科と標榜しています。わからない場合は、受付で相談すると自分の診察を受けたい科がわかります。個人病院やクリニックでの目安も精神科や心療内科を大きく書いてある看板などが目安になります。精神的な病気を診断してもらえる病院には精神科の医師が在籍していて、精神科の薬を適切に処方してもらえ、安心です。うつ病の回復には時間がかかるため、診断後は何度か病院へ診察を受けに行き、薬の処方が必要です。信頼できる医師を見つけることができると、あとは継続して受診することが、なるべく早くうつ病から回復する方法です。一度だけ診察を受けて、別の病院へ行くと、薬の量や飲んでいる期間などがわからなくなることがあるため、やめておきましょう。個人病院はどこが良いのかわからないなら、大学病院などの総合病院でうつ病の診断を受け、そこから家から近く、信頼できる病院へ紹介してもらうという方法もあります。大学病院などの大きな病院から派遣され、他の病院で同じ医師が診察している所もあります。その場合は、診断を受けた医師から継続した診察を受けられるので、薬の投与ミスなどなく、自分の体調もわかってもらえて、安心して治療を続けることができます。大きな病院で診察を受ける場合や、クリニックなど規模が小さな場所で診察を受ける場合でも、精神科の専門医に診断を受けることが大切です。専門医でない場合、薬の調節が適切でなく、過剰に投与されたり、カウンセリングなどの精神療法ができないこともあり、治療が思うように進まないことがあります。そのような不安定な治療にならないためには、精神科の医師の診察を初めから受けることが大切です。