投資マンションをするメリット|必勝法を伝授

賃貸業界の画期的サービス

貯金箱

双方にメリットがあります

ライフスタイルの多様化やグローバル化が進む中で、多くの商習慣が変化を遂げてきています。不動産業界もその傾向があり、これまで行われて来なかった制度や仕組みがスタンダードなものに変わりつつあります。その1つの例になっているのが、家賃債務保証です。これまで、賃貸住宅の契約を行う際、家賃がしっかりと貸し手側に支払われる様に連帯保証人の選定が基本的にマストで行われてきました。連帯保証人がいる事で、万が一、賃貸契約を行った本人が家賃を納入しなかった場合、連帯保証人となっている人が変わりに返済を行わなければなら無いので、貸し手側としては家賃が回収出来なくなるリスクが大幅に減り、メリットが豊富でした。しかしながら、核家族化や外国人の増加など連帯保証人の選定が難しくなっている社会情勢があり、これまでの様に連帯保証人を立てると言う制度が上手く噛み合わない状況になって来たのです。そこで登場したのが、家賃債務保証制度です。家賃債務保証は個人が連帯保証人を立てる代わりに家賃債務保証を行う会社が、毎月一定の手数料を徴収する事で、万が一、滞納があった場合に貸主側に立て替え払いをしてくれる仕組みとなっています。なお、滞納となった家賃に関しては、この家賃債務保証サービスを提供している会社が責任を持って、借主に対応をしてくれるので、徴収の手間もありません。この様に家賃債務保証サービスは貸し手側としては家賃の滞納リスクが無くなり、借り手側としても連帯保証人を探す必要性が無いので、双方にとってメリットのあるサービスとなっており、多くの不動産会社で採用がされています。